自分でできるエアコン掃除

空気と電気代が変わります

喜ぶ女性
日頃のメンテナンスでエアコン長持ち

エアコンを設置してから一度も掃除をしたことがない

そう仰るお客様は非常に多く、我々としてはお仕事を頂け

非常に有難いのですが、お客様ご自身でできるメンテナンスにより

洗浄回数、電気代、空気の綺麗さ

これをできるだけ改善できる方法を掲載します。

フィルターの洗浄

フィルターは空気の循環を行う大切な部分です

よく軽視されがちなフィルターですが、とても大切な部分です

例えばマスクをしたまま、いえ、もっと正確に言えば

何年も洗わずホコリで詰まったマスクを着けたまま

持久走をされた場合を想像してください

とても息苦しく本来のタイムで走れないばかりか

酸欠で走るのを諦めるかと思います。

それだけホコリで詰まったエアコンというのは空気効率が悪いのです。

エアコンフィルター清掃手順

*高所作業になります、安全に細心の注意を払い作業に当たってください

*脚立やステップ以外の物に乗っての作業は絶対にやめてください

1、カバーを外す
カバーを外し上に持ち上げます

どのメーカーもカバーの取り外し方法はお客様がされるのを想定し

説明書に記載、また外しやすいように

両脇にツメもしくはへこみがあります。

経年が長い場合無理に開けると破損する場合がありますので

ゆっくり作業に当たってください。

2、フィルターを取り外す
ほこりが落ちないように

フィルターを取り出します

柔軟性がある素材で、爪での固定のみがほとんどなので

簡単に取り出せるとお思います。

3、洗浄する
画像にあるように

ホコリがついている面を裏にして

シャワーを使い水でよく流します。

逆から洗うとホコリがフェイルターに絡み込み非常に面倒になります。

この際、汚れがひどい場合、食器用洗剤、使わなくなった歯ブラシ

カビの付着がある場合はカビキラーなどの次亜塩素系洗剤を使用します。

 

*中性洗剤でも油分やヤニが落ちない場合、カビが多い場合、エアコン内部が浸食されている場合がほとんどです、プロの洗浄を依頼してください

4、乾燥させ、元に戻します
取り外した逆の要領で

元に戻していただければ完成です。

以上手間は多少かかりますが

非常に簡単なので是非定期的に清掃されることをお勧めします。

エアコンカバーの除塵

特に上部は汚れが・・・

エアコンのカバーの除塵を

刷毛、掃除機、硬く絞った雑巾で行います

見た目だけでなく、カビの繁殖、吸排気効率が上がります

特に上部には汚れが溜まっておりますので

念入りに行って下さい。

以上がご自身様でできるメンテナンスです

エアコン洗浄スプレーは??

と思われる方もおられると思いますが。

エアコンクリーニングを長くしているものであれば

絶対におススメしておりません。

理由はこちらをご覧ください

お掃除機能付きロボットは

フィルターホコリだけはきれいに取ってくれますので

説明書に従いダストボックスの回収清掃を行ってください

しかし、黄ばみや汚れが目立つ場合

内部が非常に汚れております上、構造が複雑なので

その際はプロの洗浄にお任せください。